住宅に関する様々な知識を得るメリット~不動産辞書~

住宅情報を調べる

住宅ローンは長期に返済していくことが多いですが、いつでも順調に返済が行えるとは限らず、何らかの事情でその返済が厳しくなってしまうこともあります。名古屋でもローンのことで悩んでいる人は少なくありません。そして滞納が続くと借入をしている金融機関が担保にしたいた物件を裁判所に売却の申し立てをし、それが認められると競売に掛けられることとなります。競売の場合は市場価格よりかなり安い価格で落札されますので、家を失ってもまだ多くの残債が残ってしまうこととなります。そこで名古屋でも最近は競売よりも任意売却を選ぶケースが増えています。この方法ならより市場価格に近い価格で取引できますので、債権者にも債務者にとってもメリットの多い方法です。

名古屋で手続きをする場合も、任意売却は専門的な知識が必要ですので、専門の業者に依頼することが多くなっています。そして、費用はどれぐらい必要なのかも知っておきたいですが、名古屋で任意売却を行う場合も初期費用は発生せずに手続きを進めることができます。業者に支払う仲介手数料は必要となりますが、この場合も成功報酬となっていますので、任意売却で得られた成約代金から差し引かれることとなります。仲介手数料はどのぐらい必要かも知っておきたいですが、法定仲介手数料は売買代金3%+6万円となっています。競売の場合は家を手放しても手元にお金を残すことはできませんが、任意売却の場合は引越し代を出してもらえる場合もあります。