住宅に関する様々な知識を得るメリット~不動産辞書~

専門に相談する

多くの人が銀行で住宅ローンを組んでマイホームを購入します。住宅ローンの申し込みをすると、長い時間をかけて厳しい審査が行われますので、返済能力がない人に対して融資が実行されるようなことはありません。しかし、マイホーム購入後に想定外の事態に陥ってしまうケースしばしばあります。自分の病気や勤務先の倒産などによって、突然収入の道が絶たれてしまうようなことがよくありますが、そうなってしまうと住宅ローンの返済を続けていくことができなくなってしまいます。従来は、まず家が差し押さえられ、その後に競売にかけられるという流れをたどるのが当たり前のようになっていました。しかし最近では、そこまで事態が進展してしまう前に専門業者に相談をして、自宅の任意売却を図る人が増えてきました。

自宅を競売にかけられると、それこそ二束三文の値段で売られてしまうことになります。住宅ローンの残債を完済できない値段で売れることが多いので、自宅を失った上に多額の借金を背負い込み続けることになる人がほとんどで、結局は自己破産に追い込まれてしまうケースが多くなっていました。でも、任意売却することができれば、住宅ローンの残債を完済できる可能性が出てきます。たとえ残債を完済することができなかったとしても、競売よりはずっと有利な条件で自宅を売ることができます。ただし、債権者と交渉しなくてはなりませんので、素人が自分1人で任意売却を進めるというのは現実的にまず不可能です。そんな時に頼りにすることができるのが任意売却の専門業者です。インターネットを利用すれば、良い任意売却専門業者を比較的簡単に見つけ出すことができますので、困っている人は調べてみることをおすすめします。